FX(外国為替証拠金取引)をやる良いところは、たった一つの投資商品でありながら、資金投下の期間を短・中・長という3種類の中からどれを選定するのかで、資本の投下の方法が違ってくることにあるのです。

初めに外貨投資の「長期の投資」について考えましょう。

長期投資というのは、一年以上の投資期間を原則としているものです。

まず為替においては、一年以上後のレートは円高になっているだろうか、それとも円安かどうかを推測するなんていうことは普通は難問なはずです。

当然「後々の情勢は見当もつかない」というのが普通だと思います。

見当もつかないことを頭を使って予測しようと思ったところでそれは無意味なことなのです。

そんなわけで外国の貨幣を買って、そのタイミングでの価値よりも円高だとしても近いうちに戻ってくるという程度の感じで売り買いに向かうことが大事です。

利益を懸命に狙うことに限定せず、それ以外の差益、要はスワップポイントで儲けるのを、第一のゴールということにして始めましょう。

当然のことですがちょっとの期間で為替差損にマイナスが大きくなることもあります。

そんな訳で、大きな為替差損があっても大丈夫なよう、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を最小限でトレードすることは大事です。

外国為替証拠金取引(FX)は、損がある範囲よりも大きくなると、追加保証金が出て来たり、もしくはロスカットになってしまったりします。

ストップロスを置いたら、すぐにトレードを打ち切りする必要があり長期取引はストップします。

この例のようなリスクを抑えるには、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍にして売買するのが良いと思います。

次は中期スタンスの場合のトレードを考えてみましょう。

中期のスタンスにおいては長くても1?2ヶ月程後々を見越しての取引なのです。

為替のトレードの場合、1ヶ月ほど後のことであればおおよそ、予測しやすいでしょう。

G7などの国同士の集まりの話題、為替トレード参加者が何を事柄に関心があるかを見てみれば、ほとんどの場合想定できるのです。

この経済情勢をチェックしつつ、グラフを見ることで為替の変動を把握する事ができ売買をジャッジするといいでしょう。

基本的に経済の状態とジャッジの両方とも良い感じでありもしくは買い傾向が同じ時はほとんどのケースではジャッジした通りに動いていくと思って間違いありません。

そんな時は持ち金を増やすことによって多くのリターンを獲得できると思います。

3つ目に短期スタンスの要点です。

ここでの短期のスタンスというのはすなわちデイトレを指しています。

為替で日計り取引を行う際は、経済の状態は少しも影響しないと思います。

なぜならばあくる日の相場の動向に、経済の状況は影響しないからです。

この時一番のポイントは注目される催し物がある時それによって為替の相場がかなり変動する時を見落とさないようやり取りしましょう。

例として、アメリカで雇用の統計が公開されるもしくは金利政策などで金利が変化するほどの催し。

こういった絶好のチャンスに変移を見過ごしてはいけないという理由で、短期のトレードでは技術的な情報が必須となる。

Copyright © 2002 www.heinolanvihreat.net All Rights Reserved.