介護の仕事をする為にはヘルパーの資格や看護師の資格が必要となります。

しかし介護の職に就く人が減少している今の世の中で資格を取ってまで仕事をするという人は少ないのではないでしょうか。

私は中学、高校の授業にヘルパーの資格取得を義務付けるという方法を提案します。

これからの若い世代の子供達には税金面などでも負担が大きくなってしまいますが、少子化が進む日本の状況では致し方ないことです。

学校に通いながらヘルパーの仕事を取ることが出来ればそれだけ仕事の選択肢が増えることに繋がり、今の就職難という課題も多少は和らぐのではないでしょうか。

なんにしろ今の状態のまま高齢化社会が続くと介護施設の多くは破綻してしまい、多くの老人が大変な目に遭ってしまうのは容易に想像することが出来ます。

こうなってしまった要因を作った日本政府には責任を持って高齢化問題に取り組んで欲しいと願うとともに、将来の日本がどうなるのかを明確に示して欲しいと思います。

Copyright © 2002 www.heinolanvihreat.net All Rights Reserved.