今まで何作もの名作と呼ばれる漫画を読んできましたが、その中でも一番の傑作と言ったらあの鳥山明先生が書いた大作であるドラゴンボールで決まりなんじゃないかと思っています。

このドラゴンボールが連載されていた当時の週刊少年ジャンプと言えばまさに黄金期と言っていい時代でしたが、その中でもドラゴンボールは抜きん出ていた存在だったんじゃないかと思います。

ドラゴンボールの面白いところはやっぱり魅力的なキャラクターたちがたくさん登場して、これでもかと言わんばかりに活躍し暴れまわってくれることなんじゃないかと思います。

ドラゴンボールの主人公である孫悟空の全く打算のないような行動に振り回される他のキャラクターたちを見ていると、ちょっと可愛そうに思えてくることもありますが、結局最後は孫悟空にトラブルと救ってもらうという黄金パターンがベタといえばベタなんですが、見るものを飽きさせないように工夫して描かれているのはすごいことだと思います。

Copyright © 2002 www.heinolanvihreat.net All Rights Reserved.